/

この記事は会員限定です

プーチン政権、侵攻長期化に焦り 側近が誤算認める

[有料会員限定]

ロシアのプーチン大統領がウクライナへの侵攻の遅れに焦りを強めている。13日にはプーチン氏の側近が侵攻計画で誤算があったことを認めた。政権内では軍幹部や治安・情報機関出身者の失脚も相次ぐ。長引く苦戦に部隊の士気は低下しているとの見方もあるなか、プーチン政権は戦局の打開に向けて兵力の追加投入などてこ入れを急いでいる。

「全て思い通りに進んでいるわけではない」。大統領直属の国家親衛隊を率いるゾロトフ隊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン