/

ポーランド国境に穀物庫 米、ウクライナ産輸出へ

【ワシントン=共同】バイデン米大統領は14日、ロシアの侵攻で滞るウクライナからの穀物輸出を促進させるため、ウクライナと接するポーランドなど欧州諸国の国境に臨時の穀物倉庫をつくる方針を明らかにした。穀物生産大国ウクライナからの供給停滞で小麦などの価格が高騰しており、懸念される食料危機への対応を急ぎたい考えだ。

東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで演説したバイデン氏は、ウクライナからの海上輸送がロシアの黒海封鎖によって滞留しており、陸路輸送を検討していると説明。旧ソ連のウクライナは欧州諸国と列車のレール幅が異なることから「国境地帯で倉庫に移した穀物を欧州の列車に積み替えて海まで運び、世界中に届ける」と強調した。一方で時間がかかることも認めた。

米政治サイト、ポリティコによると、来月にはウクライナで夏の小麦の収穫が始まるが、保管する場所がないと危機感が高まっているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン