/

この記事は会員限定です

[FT]タリバン基盤の農村疲弊 干ばつで農民流出が加速

[有料会員限定]
Financial Times

アフガニスタンの首都カブールに近いワルダク州。白いあごひげをたくわえたムハンマドさんは、緑に覆われた土地で農業一筋に励んできた。リンゴとアプリコット、小麦の栽培に加え、牛や羊など多くの家畜を飼っていた。

しかし今、その動物たちはいなくなり、果樹園は相次ぐ干ばつで干上がってしまった。ムハンマドさんは、立ち枯れた木を切り倒して薪にしている。「農地だったとは想像もできないだろう。砂漠のようだ」とムハンマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻ります。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン