/

この記事は会員限定です

[FT]北京五輪スポンサー企業を突き上げる人権団体

[有料会員限定]
Financial Times

クレジットカードのビザや米飲料大手のコカ・コーラ、米民泊仲介のエアビーアンドビー、スイスの時計大手のオメガなど、北京冬季五輪の有力スポンサー企業が自らの影響力を行使して中国の人権抑圧状況を非難するよう人権団体から突き上げられている。

米国に本部を置く国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)によると、5月に主要スポンサー企業に対して北京五輪への対応を問う書簡を送付したものの、どこからも回答...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1834文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン