/

この記事は会員限定です

中国新興、自動調剤ロボ開発 人為ミス削減に一役

[有料会員限定]

静脈注射剤の自動調剤システムを開発する「博為医療機器人」が、シリーズA+で数千万元(数億円)を調達した。同社はこれまでにもエンジェルラウンドとシリーズAの2回、それぞれ数千万元規模の資金を調達している。

博為医療機器人は2015年末に深圳市で設立された。創業者の靳海洋氏はハルビン工業大学で博士号を取得後、独ハンブルク大学で博士研究員として研究活動を行った。同社を設立するまで長年にわたり医療用ロボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。 このコラムでは同サイトが発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語記事を日経電子版に週2回掲載し、中国における最新の技術発展を追いながら中国の経済成長動向や今後の見通しについてお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン