/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]グラブ SPAC上場で東南アジアの覇権狙う

[有料会員限定]
Financial Times

シンガポールを拠点とするグラブは、米配車サービス大手ウーバーテクノロジーズの東南アジア版と呼ばれることが多い。だが実際には、ウーバーと米料理宅配大手ドアダッシュ、中国のアリババ集団系の金融大手アント・フィナンシャルを合わせたような存在だ。東南アジアのスーパーアプリとしての地位と、特別買収目的会社(SPAC)の潤沢な資金があふれていることで、グラブは大幅な赤字にもかかわらず極めて高い評価を得ている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン