/

この記事は会員限定です

イスラエル・パレスチナ駐日代表、相互に非難 ガザ攻撃

[有料会員限定]

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの軍事攻撃を巡り、双方の駐日代表は14日、東京都内でそれぞれ記者会見を開いた。パレスチナ側はイスラエルによる攻撃を「戦争犯罪」だと非難する一方、イスラエル側は「自衛に基づく措置」だと攻撃の正当性を主張した。

記者会見は双方とも日本外国特派員協会で開いた。同日午前にはパレスチナ自治政府のシアム駐日常駐総代表部代表が出席した。イスラエル軍による空爆で「500以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン