/

フィンランド大統領、プーチン氏にNATO加盟意思伝達

(更新)

フィンランドのニーニスト大統領は14日、ロシアのプーチン大統領に北大西洋条約機構(NATO)に加盟する意思を電話で伝達した。ウクライナ侵攻を受けて、安全保障を巡る環境が根本的に変わったなどと述べた。フィンランド大統領府が発表した。

ロシア大統領府によると、プーチン氏はフィンランドの中立政策転換は間違いで、両国の関係を悪化させる可能性があると反論した。フィンランドに安全保障上の脅威は存在しないとも述べた。

フィンランドメディアによると、マリン首相は14日発行の地元紙で来週にも隣国スウェーデンと同時にNATOに加盟申請できるとの期待感を示した。ドイツのベーアボック外相は14日、「NATOの力を強めてくれる」として両国の加盟を支持する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

プーチン氏動向・解説

ウクライナ侵攻を決めたプーチン氏。英紙が「血液のがん」の可能性を報じるなどプーチン氏に関する情報が飛び交っています。米情報機関による分析、専門家・編集委員らによる解説記事をまとめています。最新情報も随時公開していきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン