/

この記事は会員限定です

[FT]ロックと女性のサイクリング イラン聖地の「反抗」

18日投票の大統領選で強硬派が有力

[有料会員限定]
Financial Times

イラン北東部のイスラム教シーア派聖地、マシュハドで暮らすロックミュージシャンのプーヤン・ガンジーさん(34)にとってライブ演奏の興奮や歓声は夢にすぎない。

同国の保守強硬派がイスラムの教義に反していると主張したため、マシュハドでは10年以上にわたり、コンサートを開くことが禁じられているからだ。

首都テヘランなどイランのほかの地域でこうした規制は少なく、生演奏に接する可能性はある。だが、イランで最も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン