/

この記事は会員限定です

[FT]インド与党、米通信への違約金拒否 最大野党を批判

[有料会員限定]

コロナ禍による世界金融市場の急落を数日後に控えた2020年2月下旬、米企業幹部の一団がパリの高級ホテル「ホテル・プラザ・アテネ」でモディ・インド首相の国家安全保障担当顧問と密会した。

米企業側は通信会社ディーバス・マルチメディアがインド政府と交わした契約について、11年にインド側が一方的に解除したとして数年前から争ってきた。裁判所がインド政府に対し、5億ドル(約690億円)超の損害賠償金に数億ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン