/

この記事は会員限定です

G7、対中国で結束を演出 距離感に違いも

[有料会員限定]

13日閉幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)では、中国の覇権主義的な動きに対抗することで結束を演出した。ただ、各国が受ける中国の脅威や影響力は同じではない。各国首脳の発言からは中国との距離感の違いも浮き彫りとなった。

共同宣言では、中国の海洋進出を念頭に「自由で開かれたインド太平洋の維持の重要性」を指摘したほか、中国の人権問題にも触れ、新疆ウイグル自治区や香港に関連して「中国に人権と基本的自由...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン