/

この記事は会員限定です

[FT]疑惑のIMF専務理事は続投 反対の米を欧州勢が説得

[有料会員限定]
Financial Times

国際通貨基金(IMF)は当面、ゲオルギエバ専務理事の続投を決めた。しかしこれによって、貸し手として世界の命綱の役目を持つ機関のリーダーとして、同氏がふさわしいか否かの議論が収まったわけではない。

IMFの最も重要な会合である年次総会が米ワシントンで始まった現時点でも、ゲオルギエバ氏が世界銀行の最高経営責任者(CEO)だった際、データを改ざんして中国に便宜を図ったとされる疑惑は、IMFの最も貴重な資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン