/

「悪魔の詩」の英作家、会話可能まで回復 容疑者を訴追

【ニューヨーク=共同】米メディアは13日、東部ニューヨーク州で襲撃された英作家サルマン・ラシュディ氏(75)が会話できる状態にまで回復したと報じた。同州の検察当局はラシュディ氏への殺人未遂などの疑いで、隣接するニュージャージー州に住むヘイディ・マタール容疑者(24)を訴追した。

捜査関係者によると、容疑者のソーシャルメディアのアカウントを調べたところ、イラン指導部の親衛隊的な性格を持つ軍事部門である革命防衛隊や、イスラム教シーア派の過激派に共感を抱いていたことが分かったという。

検察当局によると、ラシュディ氏は12日の講演直前に首や腹、片目を約10回にわたって刺された。肝臓を損傷して手術を受け、失明の恐れがある。代理人は、当初装着していた人工呼吸器を外され、会話ができるようになったと説明した。

マタール容疑者は13日、ニューヨーク州の裁判所に出廷。弁護人は無罪を主張した。

容疑者は西部カリフォルニア州でレバノン系移民の家に生まれ、ニュージャージー州には最近引っ越し、同州の偽の運転免許証も所持していた。捜査当局は12日、容疑者の自宅を捜索。過激派とのつながりの有無や動機について詳しく調べる。

ラシュディ氏の小説「悪魔の詩」を巡っては、イスラム教を冒瀆(ぼうとく)しているとしてイランの最高指導者だった故ホメイニ師が1989年、ラシュディ氏に対して一方的に死刑宣告した。今回の襲撃についても、イランの保守系メディアは「背教者への攻撃」などと好意的に報じている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン