/

ロシア兵が背後から民間人殺害 米報道、戦争犯罪で捜査

【ワシントン=共同】米CNNテレビは12日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)郊外で、ロシア軍兵士が武器を持たない民間人2人を背後から銃撃し、殺害したと報じた。複数の防犯カメラで撮影され、編集された映像を入手した。ウクライナ側が戦争犯罪として捜査しているという。

撮影されたのは3月16日で、ロシア軍がキーウを制圧しようとしていた時期と重なる。被害者2人は自動車販売店のオーナーと守衛。ロシア軍兵士5人が店に押し入ろうとし、被害者2人が武器を持っているかどうか調べた。言葉を交わした後に歩いて立ち去るオーナーと守衛の背後から兵士が発砲した。

守衛の娘はCNNに「全世界が犯罪を知ることを望む」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン