/

この記事は会員限定です

[FT]米破産申請、ヒューストンに集中 債務者寄り判断か

[有料会員限定]

米百貨店大手JCペニーが連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を求めた際、申請先の連邦破産裁判所には複数の選択肢があった。テキサス州北部のダラスは本社から20マイル(約32キロ)の場所にある。登記地のデラウェア州には、定評のあるベテラン判事がそろっている。ニューヨーク州もその点は同じで、これまで頼ってきた弁護士事務所の多くも拠点を構えている。

だが、JCペニーは本社から何百キロも離れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン