/

この記事は会員限定です

「タリバン再来」恐れる市民 米軍撤収で力の空白

瀬戸際のアフガン(上)

[有料会員限定]

米軍の撤収が近く完了するアフガニスタンで、旧政権の反政府武装組織タリバンが支配地域を広げている。市民の多くは厳格なイスラム法に基づく統治の復活を恐れ、一部が国外に逃れている。タリバン政権崩壊につながった米同時テロから約20年。西側の価値観で育った若い世代など不安を募らせるアフガン市民の姿を追った。

アフガンの首都カブールの建設会社の財務担当、シャリフィさん(29)はスマートフォンを片時も離さない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン