/

この記事は会員限定です

[FT]「親ロシア」のインドを許す欧米 対中で役割期待 

[有料会員限定]

フランスでは、再選を果たしたばかりのマクロン大統領がエリゼ宮(大統領官邸)前で抱擁して出迎えた。ドイツのベルリンでは、ショルツ首相が「スーパー(すばらしい)パートナー」として歓待。英国のジョンソン首相も4月下旬にインドの首都ニューデリーを訪問した際、「khaas dost(特別な友)」に賛辞を浴びせた。

ウクライナに侵攻したロシアとの決別は拒んでいるものの、インドのモディ首相は一連の外交日程を通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン