/

この記事は会員限定です

[FT]ドイツはメルケル流に決別を

欧州は「ポスト冷戦後」入り

[有料会員限定]
Financial Times

そして勝者は、アンゲラ・メルケル氏――。在任16年を経て、ドイツ首相の座からメルケル氏が退く。有権者はこのまま「メルケル主義」が続いてほしい意向を示している。

世界は混沌とし、アフガニスタンからの米軍撤収後、大西洋同盟は混乱状態に陥っている。ドイツは騒ぎに巻き込まれたくない。ドイツ国民は長い間、平穏をむさぼるように過ごしてきた。次の首相には、以前と変わらぬ生活を送れることを保証する公約を求めている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フィリップ・スティーブンズ

Philip Stephens 英国生まれ。FTで経済担当エディター、政治担当エディター、FT英国版編集長などを経て、チーフ・ポリティカル・コメンテーターに。英国および世界情勢に関する論評を執筆している。著書に「Tony Blair: The Price of Leadership」(2004年)などがある。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン