/

この記事は会員限定です

[FT]メキシコ大統領が迫る選管改革 委員長は反発

[有料会員限定]

メキシコのロペスオブラドール大統領は支持基盤を固め、反エスタブリッシュメント(支配層)のメッセージを強調するために、外国人投資家やメディア、経済界のエリートを相次いで批判してきた。だが今回は、選挙での自身の圧勝を認定した機関という意外な標的に矛先を向けている。

ポピュリズム(大衆迎合主義)のロペスオブラドール氏はメキシコ選挙管理委員会(INE)の予算を削減し、政治的合意で11人の委員を選ぶ現行の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン