/

南アフリカ大統領が新型コロナ 症状軽微、変異型は不明

【ナイロビ=共同】南アフリカ大統領府は12日、ラマポーザ大統領(69)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状が出ているが軽いという。南アで流行する新変異型「オミクロン型」への感染かどうかは触れていない。ラマポーザ氏は新型コロナのワクチン接種を完了している。

大統領府によると、ラマポーザ氏は12日、南アのアパルトヘイト(人種隔離)を終結させた白人与党の元指導者で、11月に死去したデクラーク元大統領の南西部ケープタウンでの追悼式に出席。その後に体調不良を訴えた。

最近は西アフリカ諸国を訪問しており、帰国に伴い12月8日に受けた検査は陰性だったという。

南アは11月下旬以降、オミクロン型の流行で感染者が急増。12月9日の確認は2万人を超え、その後も連日、1万8千人前後を記録している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン