/

ケイコ氏、集計に不審点と調査要求 ペルー大統領選で

ケイコ・フジモリ氏は決選投票の結果を調査する必要があると訴えた(リマ市、写真は12日)=ロイター

【リマ=共同】ペルー大統領候補でフジモリ元大統領(82)の長女ケイコ・フジモリ氏(46)が12日、首都リマで外国メディア向けに記者会見し、決選投票の集計経過に不審な点があるとして全国選挙審議会による厳正な調査が必要だと訴えた。当選すれば新大統領として日本との関係強化に取り組む考えも強調した。

決選投票は開票率100%で、対立候補の急進左派ペドロ・カスティジョ氏(51)が得票率約50.14%、中道右派のフジモリ氏は約49.86%。票差は約5万票でフジモリ氏の敗色が濃厚。ただ疑問票もあり、当局は勝者を発表していない。国際監視団は選挙が公正に行われたとしている。

フジモリ氏は会見で、投票の集計担当者の人選に規則違反があったと主張。「中立的に集計が行われたかどうかを検討してほしい」と審議会に呼び掛ける一方、調査が尽くされれば「最終的な結果は尊重する」とも明言した。

また人権侵害事件で服役中の元大統領について、恩赦すると公言しているフジモリ氏は「(当選しても)父が役職に就くことはない」と説明。日本に対しては「支援のおかげで多くの学校が建てられた」と謝意を示し、新型コロナウイルスへの対応でも協力を求める考えを表明した。

決選投票を巡っては、フジモリ氏側が約20万票の無効化を求めて争う姿勢を示しており、結果確定には時間がかかるとの見方が強まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン