/

イラク北部で爆発、弾道ミサイルか 死傷者なし

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=中村亮、イスタンブール=木寺もも子】イラク北部クルド人自治区のアルビルで現地時間13日、複数の爆発があった。クルド自治政府によると12発のミサイルが撃ち込まれた。複数の米メディアはイランからの弾道ミサイル攻撃だと報じた。米領事館近くにも着弾したとされるが、米国やクルド自治政府は死傷者は出ていないとしている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると米領事館から2キロメートル以上の位置に着弾した。ミサイル攻撃の正確な標的は明らかになっていない。国務省の報道担当者は「許しがたい攻撃と暴力行動を非難する」と言明した。イランのメディアSNNは、自国の関与を否定するイラン議会報道官の発言を伝えた。

イラクでは同国の親イラン系武装勢力が米国の施設や米軍の駐留拠点に対してロケット弾などによる攻撃をたびたび実施してきたが、イランからミサイルを直接発射するのは珍しい。米国ではイランが直接の関与を隠して米国との軍事衝突を避けつつ、米国を威嚇する戦略をとっているとの見方が多い。

最近では2020年1月に米軍がイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官をイラクで殺害し、イランがイラクの米軍拠点に弾道ミサイルで報復攻撃を仕掛けた。

米国とイランは15年に結んだイラン核合意の再建に向けた協議を重ねてきた。今回のミサイル攻撃で両国の対立が深まれば合意が遠のく可能性がある。協議はロシアによる新たな要求で一時休止を余儀なくされ、最終合意に暗雲が広がっていた。

一方、イランの国営テレビではイラク北部からリポートした記者がミサイル攻撃の標的が「イスラエルの秘密基地」だった可能性があると主張した。アルビル県知事は地元メディアに対し、イスラエルの基地などないと話した。

イランの別のメディアは、対立するサウジアラビアとの間で続いていた直接協議をイラン側が停止したと報じた。イラク政府によると、次回の協議は16日にイラクの首都バグダッドで予定されていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン