/

この記事は会員限定です

[FT]台湾巡る米中対立が変質

「戦略的曖昧さ」に潜むリスク

[有料会員限定]
Financial Times

米国は台湾を巡って戦争をするだろうか。この疑問は過去数十年間、どちらかと言えば机上の問題と捉えられてきた。ところが今、この問いが差し迫ったものになりつつある。

中国空軍は10月上旬、わずか4日で計約150機もの軍機を台湾の防空識別圏(ADIZ)に送り込んだ。これは過去にない多さで、そのため台湾空軍は、侵入してきた中国軍機に対し、何度も緊急発進(スクランブル)をかける必要に迫られた。

同じ時期の2~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ギデオン・ラックマン

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン