/

この記事は会員限定です

シンガポール次期首相、有力候補は閣僚3人

「当確」ヘン氏が後継辞退 与党、次期総選挙視野

[有料会員限定]

【シンガポール=岩本健太郎、中野貴司】シンガポール次期首相の最有力候補とされてきたヘン・スイキャット副首相兼財務相(59)が後継就任を辞退した。次に有力視されるのは現職閣僚の3氏だ。2020年の前回総選挙で野党が躍進し、新型コロナウイルス対策も迫られるなか、建国以来の単独与党、人民行動党(PAP)は安定維持のため改めて後継首相指名への道筋をつけようとしている。

PAPは次の首相候補の選定に着手した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン