/

成長神話の先に待つものは 人口減少の世界を考える

(更新)

ホモ・サピエンス登場から30万年。これまで爆発的に増え続けてきた人類の歩みが、いま踊り場に差しかかっています。世界の経済成長を支えてきた人口増大に陰りが見え始めました。

少子高齢化、労働者不足、ゆがむ社会保障――。人類は衰退の道へと迷い込むのか、それとも繁栄を続けられるのか。連載企画「人口と世界」の第1部「成長神話の先に」では、人口を巡る大きな変化の兆しを取り上げ、人類を待ち受ける未来を予測しました。豊富なデータや専門家へのインタビューも参考になります。

「人口と世界」第1部・成長神話の先に 記事一覧

(1)人類史、迫る初の減少 繁栄の方程式問い直す

人類の爆発的な膨張が終わり、人口が初めて下り坂に入る。経済発展や女性の社会進出で、世界が低出生社会に転換しつつある。産業革命を経て、人口増を追い風に経済…続きを読む
(2)労働輸出国で細る若年層 移民政策、国の盛衰占う

ベトナムの履物メーカー、テクワン・ビナ・インダストリアルの採用担当者は5月、本社から300キロメートル以上離れた中部の村で労働者を探し回っていた。少数民族の…続きを読む
(3)少子化克服は「百年の計」 出生率1.5の落とし穴

「子どもがいなければもっと自由に生きられる」。韓国の大手エンターテインメント企業の女性管理職(41)は結婚時、夫と話し合い子どもを持たないと決めた。…続きを読む
(4)富む前に迫る超高齢化 社会保障の崖、世界に火種

「団塊の世代」が75歳になり始め、年金や医療など社会保障給付の増加が続く日本。アジアでもベビーブーム世代が引退年齢に達し、高齢化が加速する局面が迫る。…続きを読む
(5)人口減で国力の方程式一変 量から質、豊かさ競う

国力=(人口・領土+経済力+軍事力)×(戦略目的+国家意思)
米中央情報局(CIA)分析官だったレイ・クライン氏は1975年、国家が持つ力を算出…続きを読む
(6)世界に忍び寄る停滞とデフレ 「日本病」絶つ戦略再起動

「欧米は日本と同じ道をたどっている」。4月、英議会上院の特別委員会に出席した白川方明前日銀総裁は訴えた。…続きを読む
(7)人口減の未来、生産性が決す 「常識」崩し成熟の壁破る

人口63万人の欧州の小国ルクセンブルク。かつては農業国だったが、金融など知識集約型産業を育て、1人当たり生産性は常に世界1~2位を争うようになった。その「優…続きを読む
(ビジュアル解説)経済成長・物価・生産性… チャートで見る人口減の世界

人類が初の減少局面を迎える。20世紀に人口を4倍に増やした人口爆発は陰りをみせ、今世紀にピークを迎える見通しだ。経済成長、物価、生産性、社会保障――。人口…続きを読む
(インタビュー)米中覇権どうなる? 少子化対策は? 人口減の未来を聞く

爆発的に膨れ上がってきた世界人口が減少局面を迎える。人口増を前提にした成長や経済、国力の在り方まで修正を迫り、各国政府も抜本的な政策見直しを求められる。…続きを読む
人口と世界特集ページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人口と世界

人類登場から30万年。長く続いてきた人口膨張が、終わりに差しかかっています。人口の増加を前提にした経済や社会のシステムがきしみ始めるなか、新たな成長の道を見つけ出せるのか。「人口と世界」では、人類が直面する課題に迫ります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン