/

この記事は会員限定です

中国の串焼きロボット、環境汚染の軽減にも期待

[有料会員限定]

自動で串焼きを焼くロボットを開発する「璽農信息科技(璽農)」が、プレシリーズAで1000万元(約1億7000万円)規模の資金を調達した。

同社は2017年設立。冷蔵庫、オーブン、洗浄機、排気設備にあらゆるものがネットにつながる「IoT」や、監視カメラ、警報システムを一体化した串焼きの自動販売機を開発し、24時間体制で串焼きを無人販売する。客はその場でも注文可能だが、専用のミニアプリで最寄りの販売機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。 このコラムでは同サイトが発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語記事を日経電子版に週2回掲載し、中国における最新の技術発展を追いながら中国の経済成長動向や今後の見通しについてお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン