/

この記事は会員限定です

[FT]温暖化、コロナ並みの危機

脱炭素へ政府・市民連携を

[有料会員限定]
Financial Times

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(9~10日に開催)の開催地にベネチアを選んだ際、イタリア政府にはこの美しい観光地の素晴らしさを広く世界に再認識してもらう狙いがあった。

だが今、ベネチアは冷酷な現実をつきつける象徴となってしまった。「ベネチアとその潟」は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に指定されているが、16日から開催される世界遺産委員会で「危機遺産」のリストへの登録...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ジリアン・テット

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン