/

イラン・イラク首脳が会談 ライシ師就任後で初

【カイロ=時事】イランの反米保守強硬派のライシ大統領は12日、首都テヘランでイラクのカディミ首相と会談し、経済協力や地域情勢などについて協議した。イラクは、2016年から断交しているイラン・サウジアラビア間の協議を仲介しており、関係改善の道筋なども話し合ったとみられる。年末までにイラクで戦闘任務を終える米国との関係も議題となったもようだ。

AFP通信によれば、ライシ師が8月初旬に就任後、外国首脳と直接対談したのは初めて。大統領府などによると、ライシ師は記者会見で「敵の期待に反してイラン・イラク両国の関係は日増しに強まるだろう。関係発展は両国の地域的・国際的な役割を強化させる」と強調。一方のカディミ氏は「イラクは全ての近隣国との良好な関係を求めている」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン