/

この記事は会員限定です

[FT]中国国有企業 再建プロセスに海外投資家が抱く懸念

[有料会員限定]
Financial Times

中国企業が発行したドル建て債を大量に保有する海外投資家にとって、同国政府とつながりのある大手国有企業グループが秘密裏に進める再建の行方が、法的に重要な試金石として浮上している。

北京大学系の国有企業、北大方正集団の創業は1980年代にさかのぼる。この名門大学でトップクラスのコンピューター科学者だった故王選氏の指揮の下、当初はハードウエア事業で成功を収めた。「漢字写植システムの父」と称される王氏は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2102文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン