/

この記事は会員限定です

[FT]人獣共通感染症のゲノム解析 最前線はウガンダ施設

[有料会員限定]

アフリカのウガンダとコンゴ民主共和国の国境にあるエドワード湖のウガンダ側の湖畔に、改修されたばかりの建物がある。炭疽(たんそ)症など深刻な感染症を扱うことができるウガンダ野生生物局(UWA)診断研究所(DRC)だ。

動物からヒトへ感染する可能性のある「人獣共通感染症」を検知するために開設された最新の研究所で、東アフリカなど感染の危険度が特に高い「ホットスポット」に焦点を絞るという、活発になってき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン