/

この記事は会員限定です

「Google支援なしで生き残れず」 YouTube共同創業者

台湾で起業、世界規模スタートアップの育成目指す

[有料会員限定]

動画共有サイト最大手、米ユーチューブ共同創業者のスティーブ・チェン氏が日本経済新聞のインタビューに応じ、2006年に同社を米グーグルに売却したことについて「グーグルの支援なしでは生き残れなかった」と当時を振り返った。直近では台湾で起業したことを明かし「世界規模のスタートアップに育てたい」とした。

チェン氏はネット決済サービス、米ペイパルの元同僚らと05年にユーチューブを設立。瞬く間に人気サイトへと成長させ、動画共有サイト市場の火付け役になった。同氏らは06年にグーグルに株式交換方式で16億5千万ドル(当時の為替レートで約2000億円)相当でユーチューブを売却した。

それから約15年。ユーチューブの月間利用者数は20億人を超え、検索最大手のグー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン