/

在ドイツ英大使館員をスパイで逮捕 ロシア側へ文書

【ベルリン=共同】ドイツ検察は11日、首都ベルリンの英大使館に勤務する英国人の職員の男が職務を通じて入手した文書をロシア情報機関員に渡したとして、スパイ行為の疑いで逮捕したと発表した。男は見返りに金銭を受け取っていたという。文書の具体的な内容は不明。

検察などによると、男は57歳で、遅くとも昨年11月以降、スパイ行為に関与した疑いが持たれている。当局は10日、ベルリン近郊ポツダムで男を逮捕し、職場や自宅を捜索した。捜査には英当局も加わっている。

ドイツ外務省報道官はフランスメディアに、同盟国が関係する国内でのスパイ行為は「受け入れがたい」と批判した。

ドイツ検察は今年2月にも、ベルリンのロシア大使館に勤務するロシア軍情報機関員にドイツの議会議事堂平面図を渡したとして、ドイツ人の男を起訴したと発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン