/

この記事は会員限定です

[FT]英国の首相選び、税制・成長に軸

「次の選挙での勝利」を期待

[有料会員限定]

英国史上最も型破りな首相でさえ、英国の民主主義の慣習にはあらがえなかった。もっとも、その慣習を限界ぎりぎりまで試した。ジョンソン首相は6日夜、権威が失墜しているにもかかわらず辞任を拒んだ。

トランプ前米大統領のように権力の座に居座ろうとする事態に陥るのではないかと懸念する声もあったが、最後には統治機構が勝った。首相の抵抗は2日足らずしか続かなかった。3年弱の騒々しい日々を経て、ジョンソン時代は正...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ロバート・シュリムズリー

Robert Shrimsley 英政治について毎週火曜日と週末に出るFT weekend magazineに論評を執筆。以前は、英政治担当の筆頭記者、ニュース担当デスク、FT電子版編集長を務めていた。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン