/

この記事は会員限定です

[FT]中米コスタリカ 4月のランサム攻撃の後遺症

[有料会員限定]

中米コスタリカ政府のデジタルガバナンスを統括するホルヘ・モラ氏は4月、部下の1人から報告を受けた。「(サイバー攻撃を)抑え込めませんでした。サーバーを暗号化されたため、全体を遮断しています」

悪名高いロシアのランサムウエア(身代金要求型ウイルス)の攻撃集団「Conti(コンティ)」による大規模なサイバー攻撃について、モラ氏は状況の最新報告を受けているさなかだった。攻撃は財務省から始まって連鎖的に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン