/

この記事は会員限定です

[FT]西アフリカ諸国、民政移管を延期のマリに経済制裁

[有料会員限定]

西アフリカのマリでクーデターを起こし実権を掌握した軍事政権が、2022年2月に実施すると約束していた選挙の延期を発表したことを受け、近隣諸国が厳しい制裁を発動した。

15カ国が加盟する西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は内陸国マリとの国境を閉鎖し、経済制裁を科すとともに断交する。

2度のクーデターで全権を掌握した軍事政権への国際社会の圧力は高まっている。同政権は2025年12月に選挙を実施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン