/

タリバン、9州都制圧

(更新)

【イスラマバード、ワシントン=共同】アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは10日、西部ファラー州の州都ファラーと北部バグラン州の州都プリフムリを制圧したと宣言した。各州の関係者も認めた。11日には北東部バダフシャン州の州都ファイザバードも制圧宣言、制圧宣言は6日連続で、計9州都が陥落した。8月末までの駐留米軍の撤退完了を前に、士気の低い政府軍兵士が逃げ出すなど、戦況は悪化の一途をたどっている。

バイデン米大統領は10日、ホワイトハウスで記者団に、駐留米軍の撤退について「後悔していない」と見直しを否定した上で、アフガン政府軍に向け「自国のため戦わなくてはならない」と鼓舞した。米国は航空支援やアフガン空軍の機能や運用性の確保、食糧や装備品の供給など「関与は続ける」と説明した。

州都が陥落したのは、全34州のうち北部や西部などの計9州。北部バグラン州のプリフムリは首都カブールと北部最大の要衝マザリシャリフを結ぶ幹線道路の中継地。州関係者によると、治安部隊が郊外の国軍基地に撤退したため主要施設が奪われた。ファラーでは知事公舎や刑務所などがタリバンに占拠された。

一方、アフガン和平に関する会議が10日、中東カタールで開かれ、米国やロシア、中国、パキスタンの代表のほか、アフガン政府のアブドラ国家和解高等評議会議長らが出席した。

アブドラ氏は「タリバンは停戦協議を加速するとの約束を破り、前例のない人道危機が起きている」と演説し、国際社会の支援を呼び掛けた。政府とタリバンは7月に協議加速で合意したとする共同声明を出したが、進展していない。

タリバンは6日、南西部ザランジの制圧を手始めに、7日にシェベルガン、8日にクンドゥズ、サリプル、タロカーン、9日にアイバクと立て続けに北部の各州都を奪い、支配地域を拡大した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン