/

この記事は会員限定です

[FT]米提案の国際法人課税ルール、実現すればどうなる

デジタル課税問題と最低税率導入が2本柱

[有料会員限定]
Financial Times

何十年もの間、国際的な法人課税制度に対し、ほぼあらゆる方面が不満を抱いてきた。世界最大規模の多国籍企業の株主と、法人税率を低く抑えて企業を誘致したい国だけが現在の制度に満足している。

国際的に見て、企業の利益の比率が上がり従業員の賃金が低下する中、主要国は企業への課税がこれまで以上に困難だと感じていた。

しかしバイデン米政権が8日に100余りの国に送付した新提案によって、状況が変わる可能性が出てき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2805文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン