/

北朝鮮、新型潜水艦完成か 韓国報道

【ソウル=時事】韓国の聯合ニュースは11日、北朝鮮が進めていた3000トン級新型潜水艦の建造が完了したと米韓情報当局が判断していると伝えた。韓国政府筋は「米国に対する圧迫の極大化など戦略的効果を狙い、進水式のタイミングを検討中と評価している」と述べた。

新型潜水艦は2019年7月に金正恩総書記が建造作業を視察したことが報じられていた。聯合によると、北朝鮮東部・新浦の造船所で建造。1800トン級を改造したもので、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を3発搭載できる。政府筋は「進水式を公開した後、『北極星3』などSLBMを発射する可能性もある」と指摘している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン