/

この記事は会員限定です

[FT]米FBI、暗号アプリのおとり捜査で大量検挙

[有料会員限定]
Financial Times

2020年5月、2人の麻薬密売人が暗号化通信用メッセージアプリ「ANOM」を使ってコロンビアから香港への密輸を企てた。

裁判資料によると、「リアルG」(ユーザーネーム)という人物がコカインとおぼしき物品の詰まった木箱の写真を送信し、「これにバナナの葉をかぶせる」と相手に伝えた。このメッセージでリアルGが禁制品を密輸しようとしていたことが発覚した。

麻薬取引や資金洗浄(マネーロンダリング)、殺人など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン