/

この記事は会員限定です

[FT]「ミャンマー軍に個人情報」 外資の通信売却に警告

[有料会員限定]

ノルウェー通信大手テレノールは、ミャンマー事業を売却すれば、同国で1800万人に上る契約者の個人データを国軍が入手できるようになり、これらの人々の身が危険にさらされるという警告を受け取った。

ミャンマーにいる同社の顧客の1人がノルウェーの個人情報保護当局に対し、ノルウェーの法律で保障される権利の侵害を防ぐため、テレノールからレバノンの投資会社M1グループへの事業売却について調査するよう申し立てた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデターを巡る最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン