/

米議員一行が台湾入り 中国軍、海峡に向け警戒行動

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【台北、北京=共同】台湾メディアによると、米国の上下両院議員の一行を乗せた専用機が9日夜、台北市の松山空港に到着した。台湾外交部(外務省)は米代表機関、米在台協会(AIT)台北事務所が管轄しているとして、訪台の目的など詳細について公表を避けた。中国軍は台湾海峡に向けた「戦闘準備のための警戒パトロール」の実施を発表。対抗措置とみられる。

台湾メディアなどによると、専用機はマニラから到着した。軍事活動を活発化させている中国の動向について情報交換する可能性がある。台湾国防部(国防省)は9日、中国軍の戦闘機「殲16」や対潜哨戒機「運8」など計6機が同日に台湾の防空識別圏に進入したと発表した。

中国軍東部戦区は9日夜にパトロール実施を発表。「関係国による台湾問題での深刻な誤り」を受けた軍事行動だと説明した。米国を指すとみられる。「中国の核心的な利益に危害を与える行為には断固反撃する」と警告した。

中国国防省は9日「台湾は中国の神聖なる一部分だ。米側の行動は中国の主権を深刻に損ねている」と非難する談話を発表した。

中国は台湾を自国の領土と見なして統一を目指している。最近も多数の戦闘機を台湾の防空識別圏に進入させるなど軍事圧力を強化。台湾と関係を強めている米国のバイデン大統領は10月、中国の行動を「威圧的」と批判した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン