/

中国ロケット残骸、インド洋に落下 米軍も確認

think!多様な観点からニュースを考える
ロケットの残骸はインド洋に落下した(4月29日に打ち上げられた長征5号B)=チャイナデイリー・ロイター

【北京、ワシントン=共同】中国国営通信の新華社によると、中国当局は9日、打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の残骸がモルディブ近くのインド洋に落下したと明らかにした。残骸の大部分が大気圏への再突入で燃え尽きたと説明している。被害があったかどうかは不明。

中国当局によると、残骸は9日午前10時24分(日本時間同11時24分)に大気圏に再突入した。エジプト沖の地中海上空で再突入したと推定される。米宇宙軍が情報提供しているウェブサイトも、残骸がモルディブ北方のインド洋に落下したことを軍当局が確認したと発表した。

米メディアによると、残骸は4月29日に打ち上げられた長征の基幹部分で、全長約30メートル。残骸が大きいため大気圏で燃え尽きない恐れが指摘されていた。

打ち上げにより、中国が独自に建設を目指す宇宙ステーションの中核部分を軌道に乗せる任務は成功したが、米側は残骸の落下を懸念し宇宙軍が追跡。オースティン米国防長官は今月6日「宇宙領域で活動する者は、安全で思慮深く行動する義務を負うべきだ」と述べ、暗に中国を批判した。

中国外務省は7日「特殊な技術を採用しており、大部分は燃え尽きる」と主張し「航空機や地表に危害を与える確率は極めて低い」と反論していた。

新華社も9日に配信した記事で「人口が密なのは地表の3%にすぎない」「残骸を落下させるのは各国もやっているごく普通の手法だ」などとする外国専門家の見解を紹介した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン