/

この記事は会員限定です

[FT]コンゴ初訪問のベルギー国王、植民地統治に遺憾表明

[有料会員限定]

ベルギーのフィリップ国王は同国の植民地だったコンゴ民主共和国を初めて訪問し、「過去の傷に対して深い遺憾」を表した。

ベルギーがコンゴを植民地支配していた数十年の間には数百万人が強制労働を強いられ、犠牲となった。首都キンシャサで行われた国王の演説では、植民地時代の残虐な支配に対する正式な謝罪はなかった。

フィリップ国王はコンゴのチセケディ大統領の前で次のように述べた。「植民地時代の統治は搾取と支配...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン