/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]巣ごもり、マイナスに働くのは経済だけでない

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で巣ごもりを余儀なくされた都市部の住民は、広い住宅を求めて次々と引っ越した。しかし住み替えの増加は一時的だったことが米国の調査でわかった。長期的には、人々は今住んでいるところにとどまる傾向がある。米国の国勢調査によると、個人が転居する可能性は、2021年は1970年代から5割以上減った。

それでも米国人は他の国民に比べ、よく引っ越す。例外はオーストラリア人で、経済協力開発機構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン