/

この記事は会員限定です

[FT]バチカン、寄付金元手に不動産投資 150億円損失へ

[有料会員限定]
Financial Times

キリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ教皇庁)は英ロンドンの高級オフィスビルへの投資で、およそ1億ポンド(約150億円)の損失を被る見通しだ。慈善目的で集めた寄付金を元手にしたこの不動産投資に対する国際的な刑事捜査が現在進められている。

事情に詳しい複数の関係者によると、バチカンはロンドンの高級住宅街ナイツブリッジ近辺にあるビル「60スローンアベニュー」を約2億ポンドでプライベート・エクイテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2030文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン