/

この記事は会員限定です

[FT]上海の都市封鎖、中国共産党の最高指導部人事を左右

[有料会員限定]

上海市トップの李強共産党委員会書記は昇進が確実視されていた。

長年李氏の後ろ盾となってきた習近平(シー・ジンピン)国家主席が3期目入りを確実にするとみられる2022年11月の党大会で、李氏も最高指導部にあたる党政治局常務委員会の7人のうちの1人に選出されるとみられていたのだ。

だが中国で最も近代的で良好に運営されている都市である上海で、数週間続く厳しいロックダウン(都市封鎖)が現実とは思えないよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン