/

EU、日本からの渡航を再び制限へ 感染拡大で3カ月ぶり

(更新)
独フランクフルトの国際空港(1月)=AP

【ブリュッセル=時事】欧州連合(EU)加盟国は8日の大使級会合で、新型コロナウイルス対策をめぐり、日本など6カ国をEUへの不要不急の入域を原則禁じる規制措置の適用対象とすることに合意した。感染の拡大状況を踏まえた。AFP通信が報じた。

日本がEUの「安全国」リストから外れるのは約3カ月ぶり。週内にも正式決定する。実際に入国を制限するかどうかはEU各国が個別に判断する。適用されれば日本からの観光目的での渡航は原則的にできなくなる。

EUで承認済みのコロナワクチンの接種を完了していれば、渡航理由にかかわらず入国が認められる場合もある。ただ、日本の接種証明書が有効かどうかなど各国の対応を渡航前に確認することが必要だ。

感染力の強いインド型(デルタ型)などが世界的に拡散する中、EUは入域規制の対象を拡大させている。8月末には米国も「安全国」から除外した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン