/

フランス、サウジ記者殺害で誤認拘束 同姓同名の男性

(更新)

【パリ=共同】2018年にサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館内で殺害された事件で、フランス当局は8日、殺害を実行した容疑者の1人とみて7日に拘束した人物は同姓同名の別人の男性で、誤認だったと判断し釈放した。フランスのメディアが伝えた。

当局はパリ近郊のシャルル・ドゴール空港でサウジの首都リヤドへ向かう航空便に乗ろうとしていたサウジ国籍の男性を拘束した。カショギ氏を殺害した実行部隊の1人とされる元王室警護隊員ハリド・オタイビ容疑者(33)とみて身元の確認を進めていた。

一方、在フランスのサウジ大使館は7日、ツイッターで声明を発表し「拘束された国民は事件と全く関係がない。即時の釈放を期待する」と表明していた。報道によると、サウジ当局者は「本物のハリド・オタイビ(容疑者)や事件の全被告は国内で収監されている」と述べたという。

カショギ氏は18年10月、イスタンブールのサウジ総領事館でサウジ当局者らに殺害された。オタイビ容疑者は殺害や証拠隠滅に関与した疑いが持たれ、トルコが国際手配している。

サウジは当初、事件への関与を否定したが、その後、間接的に計画性を認めた。サウジとトルコで計30人超が起訴され、サウジでは3人が無罪、8人が禁錮20~7年の「最終判決」を受けた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン