/

この記事は会員限定です

中国、スリランカ「支配」を強化 高速道18年間保有へ

不透明な競争入札、ラジャパクサ政権の意向も

[有料会員限定]

【コロンボ=ムンザ・ムシュタク、杉浦恵里】中国が主導するインフラ整備計画を巡り、同国によるスリランカの「支配」が強まってきた。中国国有企業の中国港湾工程(CHEC)がスリランカで高架式の高速道を建設し、18年間は保有することになった。競争入札の過程が不透明で、親中とされるラジャパクサ政権の意向が働いた可能性もある。

中国港湾工程は中国交通建設(CCCC)の子会社だ。5月には最大都市コロンボ郊外での...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン