/

この記事は会員限定です

[FT]シリアの廃虚で「中国映画」ロケ 避難民を逆なで

[有料会員限定]

遠くで煙が上がる中、中国国旗を掲げた車両の一団が瓦礫(がれき)だらけのシリアの町の通りをジグザグに進んでいく。頭にターバンを巻いた戦闘服姿の男たちが土のうの後ろに身を隠している。その背後で砲撃音が鳴り響く――。

爆撃で破壊されたハジャルアスワドは実在の町だが、このシーンは作られたものだ。2015年に内戦下のイエメンから退避した中国人など外国人数百人の脱出劇をもとに、ハジャルアスワドで撮影されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン